So-net無料ブログ作成
検索選択

水嶋ヒロ 黒執事 復帰作 [水嶋ヒロ 黒執事 復帰作]

水嶋ヒロさん が、映画「黒執事」 の初日舞台あいさつに登場。3年ぶりの映画復帰作で、共演の剛力彩芽さんら女優陣から花束を送られた。

「黒執事」 は、19世紀の英国を舞台に名門貴族のファントムハイヴ家の少年当主シエルに仕える執事・セバスチャンの活躍を描く。

【送料無料】Hiromode [ 水嶋ヒロ ]

【送料無料】Hiromode [ 水嶋ヒロ ]
価格:1,980円(税込、送料込)


水嶋さんは「感謝の気持ちで胸いっぱい。自分が地球上で一番幸せなんじゃないかと思うくらい頭の中は幸福の色でいっぱい」 と涙を流した。

水嶋さんは共同プロデューサーとして企画から関わり、枢(とぼそ) やなさんのマンガが原作。舞台あいさつには山本美月さん、優香さん、大谷監督も出席。

メイドのリンを演じた山本さんは「原作も大好きなので初日を迎えられてうれしい。アクションも頑張ったので……」 と、あいさつの冒頭から号泣。

剛力さんも「水嶋さんと山本さんのもらい泣き」 と涙ぐみ、「水嶋さんの復帰作ということで不安だった。水嶋さんに会ったら不安は関係なく芝居を一生懸命やって楽しむことが大事なんだと思った。水嶋さんにお会いできてうれしかった」 と話していた。

「原作があって、アニメ化し、ファンが広がったことで実写化が実現できた。そんな皆さんへの感謝の気持ちは忘れたことない。1カット1カット地道に最高の仕事をしようとやってきた作品。僕らの思いが原作のファンや原作のファンでない方にも伝わったらと思う」 と語った。

大谷監督は「水嶋さんの一本の映画に描ける情熱的な姿勢を見習わないとと思う。そして水嶋さんはスクリーンのど真ん中で輝いていなければいけない人だと思う」 と水嶋さんをたたえ 「もう一度仕事をしたい。それは『黒執事』の続編でだと思う」 と次回作への意欲を見せた。

映画「黒執事」 は、原作から約130年後を舞台にしたオリジナルストーリーが展開公開中。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。