So-net無料ブログ作成
検索選択
三谷幸喜 清須会議 映画 ブログトップ

三谷幸喜 清須会議 映画 [三谷幸喜 清須会議 映画]

脚本家で演出家の 三谷幸喜さん が、「第26回東京国際映画祭 (TIFF)」 でクロージング上映される自身の最新映画「清須会議」 の舞台あいさつに登場。

英語でのスピーチを控えていた三谷監督は終始緊張の面持ちで大汗をかきながらも、「水戸黄門」 や 「忠臣蔵」 などの名セリフを交えて懸命にスピーチを繰り広げた。

「清須会議」オリジナル・サウンドトラック

舞台あいさつには、主演の役所広司さんや大泉洋さん、佐藤浩市さん、小日向文世さん、鈴木京香さんと豪華キャストも和装で登場。

日本映画が映画祭でクロージング上映されるのは7年ぶりとあって、大泉さんらが「大変光栄です。本当に幸せ」 などとコメント。

三谷監督は「この後の英語のスピーチで頭がいっぱい。何も答えられません」「刻々とスピーチの時間が近づいてきています。何も耳に入ってこない……」 と汗をぬぐい、小声でスピーチの練習を繰り返した。

英語スピーチで、三谷監督は「Can you not see this pill case? (この印ろうが目に入らぬか!)」 などと他作品の名セリフを交えながら懸命に会場を盛り上げた。

途中で内容を忘れて 「頭真っ白になっちゃった」 と、佐藤さんが手にするスピーチ原稿を見直す一幕も。

大泉さんには「何で英語でしゃべったのか。スピーチのことでいっぱいいっぱいになって他にしゃべってないですし、今のあいさつも他の作品のことばかりで……」 と苦笑いされていた。

映画は、三谷さんが17年ぶりに書き下ろした時代小説を自ら脚本と監督を担当。

本能寺の変で倒れた織田信長と長男・信忠の亡き後の織田氏の跡取り問題と領地再配分を巡る。
尾張国、清須城で行われた 「清須会議」 を舞台に、柴田勝家や羽柴秀吉らそれぞれの思惑をコミカルに描く。

映画「清須会議」 は、11月9日から公開。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
三谷幸喜 清須会議 映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。